【2017年8月15日(火)】

201708_2.html#d20170815

[午前中]

@ 東京は雨。

@ 子供を習い事の合宿の集合場所まで車で送る。雨がやむといいけれど、どうかなぁ。

[GUSA-CD 復刻計画]

@ GUSA-CD 復刻版制作に向けて、下調べ。

@ Everything を使って、1998 年の GUSA-CD 制作時に使ったファイルを探す。最終的には GDK(Gusa-cd Development Kit)のお皿を探すことにはなりそうだが。

@ 当時使ったと思われる「かんたん CD ラベルメーカー light」が見つかったので、Win7(64bit) にインストールしてみた。全機能は確認していないが、動きそうな感じ。

@ ラベル用紙を調査。一番近いのが LB-CDRJPN かなぁ。当時は光沢系を使った気がするが、どうやら廃止されてしまっていて、今はマットなものしか無さそうだ。

@ ケース側の用紙は、マットなら JP-INDN、フォト光沢なら JP-INDGKN あたりか。

@ 結構高いな(汗;)。20年近く経っているから当たり前か。今時だと、直接、粘土のレーベル面に印刷した方が簡単で安いのかもね。

@ 一番の問題はプリンタを持っていないことだな(汗;)。

@ 粘土はこのときの記録によると、イメーションを使っていたようだ。今時は三菱ケミカルの方が評判が良いのかしら。そもそも音楽用粘土じゃなくていいんだっけ?

@ あとは轆轤の廻し方かなぁ。元となった wav ファイルも探せばあるはずなので、それを改めてレイアウトしてから焼くのがいいのか、それとも数枚だけ残っているオリジナルの GUSA-CD をライティングソフトでそのままバックアップコピーすればいいのか。後者は完全にデジタルで(1bit も変わらずに)吸い出せれば、完全なコピーが作れそうだけど、そうならない可能性があるなら、wav ファイルから焼いた方が確実なのかしら。

@ どこかに焼く直前の cue シート(だったっけ?)とか残っていないかなぁ。

@ なにゅー、イメーションって 2015 年 12 月末で記録メディア・オーディオ機器事業から撤退していたのカー<情弱

[午後]

@ 昼飯アワーはうどん。

@ SOHO アワー。

[夜]

@ 晩飯アワーは外へ寿司を食べに行く。

[GUSA-CD 復刻計画]

@ 外付け HDD の中に、GDK の CD-R をそのままコピーしたと思われるフォルダを発見した。よしよし。

@ ReadMe.txt を発見。なるほど、当時使ったラベルは LB-CDRJP2 だったのか。まぁ、廃止であることに変わりはないけど。

@ ケース側の用紙は、ヒサゴの CJ593S を使っていたようだが、やはり廃番になっており、後継は CJ593NS のようだ。光沢紙もあるけど、倍近く高い。

@ 会社からトラブルの連絡。うぅむ。

@ 夏休みも終わりか。なんかちっとも休んだ気がしない(実際あまり休んでいないから当然だが)。


[Back] 日記トップページに戻る
[Exit] ホームページに戻る
ArctanX <arctanx@hauN.org>